「引き寄せの法則」がうまくいかない人に共通すること

こんにちは りっかです。

花粉症のみなさん、いかがお過ごしでしょうか?この時期は本当に辛いですね。

今日のお題は、【「引き寄せの法則」がうまくいかない人に共通すること】です。

ところで、今このブログをご覧のあなたは「引き寄せの法則」をご存知でしょうか?

多くの方が様々な書籍で語っている「引き寄せの法則」ですが、今日は、その中でも「バイブルの一つ」とも言えるロンダ・バーンの「ザ・シークレット」をもとに考えていきたいと思います。

(このページの一番下に、「引き寄せの法則」関連のリンクを掲載しています。いずれも、私の個人的なオススメです。)

また、「引き寄せの法則」の詳細はここでは語りませんので、もし、まだご存知なくて詳しく知りたい方は、ぜひ書籍をご覧になってください。

1.「引き寄せの法則」がうまくいかない人に共通すること

それでは、本題に入りましょう。

実は、「引き寄せの法則」がうまくいかない人に共通するポイントは複数あります。

今日は、そのうちの一つにして、最も「引き寄せの法則」の入口に近いものをお伝えしたいと思います。

それは、【行動がすべて「波動」頼みになっている。】です。

2. 行動がすべて「波動」頼みになっている。

思いは磁石のようなもので周波数のある波動を放射しています。考えるとその思いが宇宙に放射されます。それはまるで磁石のように似た周波数のものを引き寄せます。発信したもの全てが発信源に戻ってくるのです。そして、その源がまさに「あなた」なのです。

ザ・シークレット(p28)
「ザ・シークレット」には、「波動」という言葉が頻繁にでてきます。

あなたが発信した「波動」が、あなたの人生や周りの世界を創造しており、人生を好転させていくためには、あなたの「波動」を、あなたが望む未来にあった周波数に変化させなければならない、というものです。

私もいろんな方から「波動を上げよう」と誘われてきました。

例えば、神社に参拝する、高級ホテルのラウンジでアフタヌーンティをいただく・・・でも、正直よくわかっていませんでした。

彼ら・彼女らは「波動」を上げてどうしたいのか?どうなるのか?
そもそも、なんのために「波動」を上げようとしているのか?
でも、今なら「なぜ、わからなかったのか?」がよくわかります。

「波動」を上げようとしても、なにも変わっていかなかったからです。

つまり、大切なのは「波動」を変えることではなく、「思い(思考)」を変えることであり、
「思い(思考)」をなに一つ変えようとせずに、「波動」だけを変えようと頑張った結果・・・なにも変わっていかなかったからなのです。

その原則は簡単な言葉に要約できます。『思考は現実化する』です!

ザ・シークレット(p27)
「ザ・シークレット」では、「波動」や「周波数」の話の前に「思考」の話が出てきます。

これを、順番に並べると以下のようになります。
思考を変える。

波動が変わる。

現実が変化する。
つまり、なによりもまず「思考」を変える必要があるのです。

言い換えると、「思考」を変えずして「波動」が変わることはあり得ず、現実が変わることもないのです。

ところが、この流れを理解しないまま「波動」だけを変えようとしている人がとても多いのです。

例えば、「波動を上げて豊かになりたい!」と言って、おしゃれをしてちょっと背伸びしたお店で食事を楽しむ・・・その時の会話の内容や質が、いつも仕事帰りに飲みに行って語る上司の悪口と同じだった。

これでは、単に「豊かさを体験しただけ」であり、現実が豊かに変化するには程遠いのではないかと思います。
(もちろん、体験することは素晴らしいことです。)

不思議なことに、このパターンは「お金持ちでイケメンで私だけに優しい彼と結婚できたら私は幸せになれるんだけど。」というタイプの方によく見受けられるのですが、
(女性の例を出しましたが、同様の思考は男性にも多いです。)

幸せを「外部要因(他人が羨む彼氏ができる/波動が変わる)」頼みにすることが共通しており、いずれも現実的ではないですし、何年経っても全く変化していない人が多いです。

やはり、「思考」の変化なくして現実は変わらないのです。

(セッションでも率直に指摘させていただいています。)

もし、「引き寄せの法則」がうまくいっていない方で、思い当たる節がある場合は、参考にしていただければと思います。

3. まとめ

「引き寄せの法則」は、私も大好きですし、そこに書かれていることもおおよそ正しいのではないかと思っています。
(究極のところ、一般的な自己啓発本と大きな相違があるわけではない、という意味で。)

ぜひ、そのエッセンスをうまく活用し、よりよい現実を創造していただきたいと思います。

そして、また機会があれば【「引き寄せの法則」がうまくいかない人に共通すること。】の他のポイントもお伝えできればと思っています。
2021/3/7

「引き寄せの法則」がうまくいかない人に共通すること

こんにちは りっかです。

花粉症のみなさん、いかがお過ごしでしょうか?この時期は本当に辛いですね。

今日のお題は、【「引き寄せの法則」がうまくいかない人に共通すること】です。

ところで、今このブログをご覧のあなたは「引き寄せの法則」をご存知でしょうか?

多くの方が様々な書籍で語っている「引き寄せの法則」ですが、今日は、その中でも「バイブルの一つ」とも言えるロンダ・バーンの「ザ・シークレット」をもとに考えていきたいと思います。

(このページの一番下に、「引き寄せの法則」関連のリンクを掲載しています。いずれも、私の個人的なオススメです。)

また、「引き寄せの法則」の詳細はここでは語りませんので、もし、まだご存知なくて詳しく知りたい方は、ぜひ書籍をご覧になってください。

1.「引き寄せの法則」がうまくいかない人に共通すること

それでは、本題に入りましょう。

実は、「引き寄せの法則」がうまくいかない人に共通するポイントは複数あります。

今日は、そのうちの一つにして、最も「引き寄せの法則」の入口に近いものをお伝えしたいと思います。

それは、【行動がすべて「波動」頼みになっている。】です。

2. 行動がすべて「波動」頼みになっている。

思いは磁石のようなもので周波数のある波動を放射しています。考えるとその思いが宇宙に放射されます。それはまるで磁石のように似た周波数のものを引き寄せます。発信したもの全てが発信源に戻ってくるのです。そして、その源がまさに「あなた」なのです。

ザ・シークレット(p28)
「ザ・シークレット」には、「波動」という言葉が頻繁にでてきます。

あなたが発信した「波動」が、あなたの人生や周りの世界を創造しており、人生を好転させていくためには、あなたの「波動」を、あなたが望む未来にあった周波数に変化させなければならない、というものです。

私もいろんな方から「波動を上げよう」と誘われてきました。

例えば、神社に参拝する、高級ホテルのラウンジでアフタヌーンティをいただく・・・でも、正直よくわかっていませんでした。

彼ら・彼女らは「波動」を上げてどうしたいのか?どうなるのか?
そもそも、なんのために「波動」を上げようとしているのか?
でも、今なら「なぜ、わからなかったのか?」がよくわかります。

「波動」を上げようとしても、なにも変わっていかなかったからです。

つまり、大切なのは「波動」を変えることではなく、「思い(思考)」を変えることであり、
「思い(思考)」をなに一つ変えようとせずに、「波動」だけを変えようと頑張った結果・・・なにも変わっていかなかったからなのです。

その原則は簡単な言葉に要約できます。『思考は現実化する』です!

ザ・シークレット(p27)
「ザ・シークレット」では、「波動」や「周波数」の話の前に「思考」の話が出てきます。

これを、順番に並べると以下のようになります。
思考を変える。

波動が変わる。

現実が変化する。
つまり、なによりもまず「思考」を変える必要があるのです。

言い換えると、「思考」を変えずして「波動」が変わることはあり得ず、現実が変わることもないのです。

ところが、この流れを理解しないまま「波動」だけを変えようとしている人がとても多いのです。

例えば、「波動を上げて豊かになりたい!」と言って、おしゃれをしてちょっと背伸びしたお店で食事を楽しむ・・・その時の会話の内容や質が、いつも仕事帰りに飲みに行って語る上司の悪口と同じだった。

これでは、単に「豊かさを体験しただけ」であり、現実が豊かに変化するには程遠いのではないかと思います。
(もちろん、体験することは素晴らしいことです。)

不思議なことに、このパターンは「お金持ちでイケメンで私だけに優しい彼と結婚できたら私は幸せになれるんだけど。」というタイプの方によく見受けられるのですが、
(女性の例を出しましたが、同様の思考は男性にも多いです。)

幸せを「外部要因(他人が羨む彼氏ができる/波動が変わる)」頼みにすることが共通しており、いずれも現実的ではないですし、何年経っても全く変化していない人が多いです。

やはり、「思考」の変化なくして現実は変わらないのです。

(セッションでも率直に指摘させていただいています。)

もし、「引き寄せの法則」がうまくいっていない方で、思い当たる節がある場合は、参考にしていただければと思います。

3. まとめ

「引き寄せの法則」は、私も大好きですし、そこに書かれていることもおおよそ正しいのではないかと思っています。
(究極のところ、一般的な自己啓発本と大きな相違があるわけではない、という意味で。)

ぜひ、そのエッセンスをうまく活用し、よりよい現実を創造していただきたいと思います。

そして、また機会があれば【「引き寄せの法則」がうまくいかない人に共通すること。】の他のポイントもお伝えできればと思っています。
2021/3/7