女性部下が高評価をつける男性上司の条件

こんにちは りっかです。

さて、今日のテーマは、 「女性部下が高評価をつける男性上司の条件」です。

考察

ところで、今、このブログを読んでいるあなたは、男性ですか?女性ですか?

男性であれ、女性であれ、

理想の上司の条件

であれば、それぞれ何らかのご意見をお持ちなのではないでしょうか?

私の場合、

・公平・公正な成果主義であること。
・「好きにやっていいよ。」という権限をくれること。
を満たしてくれる上司であれば、大喜びでホイホイついていきます。(笑)

でも、今日、私がこのブログに書くのは、
「女性部下が高評価をつける男性上司の条件」です。

私は、法律事務所・サービス業(東証一部)・電気通信業(非上場)・大学発ベンチャー(医薬・上場を目指す)・SIer(東証一部・ホールディングス)・人材業(上場できず)と様々なフェーズやレベル(約10名〜連結1万名超)の会社で法務を約20年・人事を約2年担当してきました。
それぞれの会社で多くの「男性上司」とめぐり合い、最後の数年は私が「女性上司」として働いていました。

今日は、そんな私視点での「女性部下が高評価をつける男性上司の条件」をテーマにしたわけですが、それをお伝えする前に、私が「高評価」をつけたある男性上司についてお話ししたいと思います。

ちなみに、私が(その方に限らず)「高評価」をつける男性上司には以下の「特徴」があります。

************
女性に対して、
・男性目線の冗談を言わない。男性目線の意見を押し付けない。
・分断を作らない。
(なにかを説明するときに「君は女性だから、説明しないとわからないだろうけど。」という有形無形の態度を出さない。)
・人によって態度を変えない。
性別に関わらず、
・成果主義を貫く。
************

一般的には、これらの「特徴」が「女性部下が高評価をつける男性上司の条件」とされているかと思いますが、この記事では、そうではなく、「これらを兼ね備えた男性上司がどのような条件下で生まれたのか」というところを掘り下げたいのです。

事例

その例として、私と男性上司との会話をシェアしたいと思います。

ある日、私は、男性上司(もちろん、上記の「特徴」を兼ね備えている/人事歴25年/とても尊敬している)と話をしている時に、

りっか「○○さん(上司)とのお仕事は本当に進めやすいです。いつもありがとうございます。上司として最高です。」

とお伝えしたところ、あっさり以下の答えが返ってきました。

上司「以前いた会社の女性上司にしっかり鍛えられたからね。女性上司への態度だけでなく、人事として、様々な案件を通して女性社員への態度も学ばせてもらった。」

思うに、「上司の上司」となると、男女雇用機会均等法第●世代の初期の方となるのではないでしょうか。女性会社員として、大変苦労された世代の方と言えますが、この方が素晴らしい働きをしてくださったおかげで、私が素晴らしい上司という「恩恵」を得たわけです。
また、私より年上(50歳手前)の上司も、(失礼ながら)年齢に見合わずとても素直に女性上司から多くを吸収されたのではないかと思います。(常に学ぶことを絶やさず、素晴らしいキャリアをお持ちの方です。)

この男性上司の例に限らず、周囲を見ていると、
「周囲の女性から多くを学び、また、学ばせてもらった自覚を持っている。」男性は、自然と女性社員への(正当な/サービスは求めていません)リスペクトを有していることがわかります。そして、そういう男性は、上記の「特徴」を兼ね備えていることが多いものです。

結論

以上を踏まえ、このブログでは、以下のように結論づけたいと思います。

************
「女性部下が高評価をつける男性上司の条件」は、
「①周囲の女性から多くを学び、また、学ばせてもらった自覚を持っている。」
「②女性社員への(正当な)リスペクトを有している。」こと。
************

ざっくり一言でいうと、「品性が優れている人」なんでしょうね。(笑)

みなさんの上司はいかがですか?
2020/11/17
このブログは、noteにも掲載しています。

女性部下が高評価をつける男性上司の条件

こんにちは りっかです。

さて、今日のテーマは、 「女性部下が高評価をつける男性上司の条件」です。

考察

ところで、今、このブログを読んでいるあなたは、男性ですか?女性ですか?

男性であれ、女性であれ、

理想の上司の条件

であれば、それぞれ何らかのご意見をお持ちなのではないでしょうか?

私の場合、

・公平・公正な成果主義であること。
・「好きにやっていいよ。」という権限をくれること。
を満たしてくれる上司であれば、大喜びでホイホイついていきます。(笑)

でも、今日、私がこのブログに書くのは、
「女性部下が高評価をつける男性上司の条件」です。

私は、法律事務所・サービス業(東証一部)・電気通信業(非上場)・大学発ベンチャー(医薬・上場を目指す)・SIer(東証一部・ホールディングス)・人材業(上場できず)と様々なフェーズやレベル(約10名〜連結1万名超)の会社で法務を約20年・人事を約2年担当してきました。
それぞれの会社で多くの「男性上司」とめぐり合い、最後の数年は私が「女性上司」として働いていました。

今日は、そんな私視点での「女性部下が高評価をつける男性上司の条件」をテーマにしたわけですが、それをお伝えする前に、私が「高評価」をつけたある男性上司についてお話ししたいと思います。

ちなみに、私が(その方に限らず)「高評価」をつける男性上司には以下の「特徴」があります。

************
女性に対して、
・男性目線の冗談を言わない。男性目線の意見を押し付けない。
・分断を作らない。
(なにかを説明するときに「君は女性だから、説明しないとわからないだろうけど。」という有形無形の態度を出さない。)
・人によって態度を変えない。
性別に関わらず、
・成果主義を貫く。
************

一般的には、これらの「特徴」が「女性部下が高評価をつける男性上司の条件」とされているかと思いますが、この記事では、そうではなく、「これらを兼ね備えた男性上司がどのような条件下で生まれたのか」というところを掘り下げたいのです。

事例

その例として、私と男性上司との会話をシェアしたいと思います。

ある日、私は、男性上司(もちろん、上記の「特徴」を兼ね備えている/人事歴25年/とても尊敬している)と話をしている時に、

りっか「○○さん(上司)とのお仕事は本当に進めやすいです。いつもありがとうございます。上司として最高です。」

とお伝えしたところ、あっさり以下の答えが返ってきました。

上司「以前いた会社の女性上司にしっかり鍛えられたからね。女性上司への態度だけでなく、人事として、様々な案件を通して女性社員への態度も学ばせてもらった。」

思うに、「上司の上司」となると、男女雇用機会均等法第●世代の初期の方となるのではないでしょうか。女性会社員として、大変苦労された世代の方と言えますが、この方が素晴らしい働きをしてくださったおかげで、私が素晴らしい上司という「恩恵」を得たわけです。
また、私より年上(50歳手前)の上司も、(失礼ながら)年齢に見合わずとても素直に女性上司から多くを吸収されたのではないかと思います。(常に学ぶことを絶やさず、素晴らしいキャリアをお持ちの方です。)

この男性上司の例に限らず、周囲を見ていると、
「周囲の女性から多くを学び、また、学ばせてもらった自覚を持っている。」男性は、自然と女性社員への(正当な/サービスは求めていません)リスペクトを有していることがわかります。そして、そういう男性は、上記の「特徴」を兼ね備えていることが多いものです。

結論

以上を踏まえ、このブログでは、以下のように結論づけたいと思います。

************
「女性部下が高評価をつける男性上司の条件」は、
「①周囲の女性から多くを学び、また、学ばせてもらった自覚を持っている。」
「②女性社員への(正当な)リスペクトを有している。」こと。
************

ざっくり一言でいうと、「品性が優れている人」なんでしょうね。(笑)

みなさんの上司はいかがですか?
2020/11/17
このブログは、noteにも掲載しています。